top of page
  • 執筆者の写真Jethro Mobile

アメリカでの乗り換え、MNP(ナンバーポータビリティ)について

更新日:4月10日


アメリカで携帯キャリアを乗り換え!MNPの方法を解説!


皆様こんにちは、ここでは現在すでにアメリカの番号をお使いの方に向けてMNPについてご紹介いたします。

 

現在お使いのアメリカの電話番号をそのまま新しい携帯会社と契約できるってご存知でしたか?これを私たちは乗り換えまたは、MNP(ナンバーポータビリティ)と呼んでいます。少し難しく聞こえるかもしれませんが、一緒に詳しく見ていきましょう。



まず、重要なことは、現在ご契約中の会社に登録している契約者情報と新しい会社に登録する契約者情報が一致していることです。これが違っていると上手くいきません。


契約者情報とは契約者のお名前、ご住所、アカウントナンバー、PINナンバーのことを指します。

これらを確認するために現在契約している会社のカスタマーサービスにお電話が必要になるかもしれません。


また、PINナンバーはご自身で設定されたパスワードやボイスメールコードのことではなく、契約されている会社が独自に発行するものです。


契約住所についても一致が必要ですので、たとえ現在契約中の会社に登録している住所にもう住んでいなかったとしても、同じ住所で申請する必要があります。



現在、2012年より前に発行されたヴァライゾン(Verizon)の番号をお使いの方は、その番号にポートプロテクションがかかっている可能性があります。


ポートプロテクションとは単純に他の会社に番号を変えられないようにする機能のことです。この機能はヴァライゾンのカスタマーサービスに電話して頂ければ取り外すことができます。


また、ポートプロテクションは他の理由でかかっている場合もあります。


お客様が携帯電話の本体代金を毎月の支払いで払っていたり、単純に身元がはっきりしていない人が乗り換えをしないようしたりする為です。


もう一点、ご注意頂きたいのが現在AT&Tの番号をお使いの方です。


AT&TからMNPされる際はAT&Tから送られてくるテキストメッセージに返信する必要があります。


これをされないとMNPしたい番号が身元が確かでない番号と判断してしまい、その番号にロックがかかって上手くいかないことがあります。



このように、電話番号乗り換えには現在の会社に登録している契約者情報と新しい会社に申請する契約者情報が一致していることと、番号にポートプロテクションが掛かっていないことが重要です。


契約者情報の一致に関しては少し面倒かもしれませんが、だれか他人に自分の番号が使われてしまうことがないようにする為の大切な作業です。


詳細な情報は実際に新しく契約される会社によって多少異なるかもしれませんが、典型的な必要事項は下記の通りです。


  1. 契約者のお名前

  2. アカウントナンバー

  3. PINナンバー

  4. 現在の会社に登録しているものと同じご住所

  5. ポートプロテクションの解除


乗り換えに関しての確認事項については是非LINEにてお問い合わせください。


また、何かご不明点がございましたら、いつでもご連絡お待ちしております。


ジェスロモバイルでは日本人のお客様に安心してご利用頂けるよう日本人スタッフが対応しております。


アメリカSIMカード


ジェスロモバイル公式SNSアカウントはこちら



閲覧数:560回0件のコメント

Comments


bottom of page